プログラム言語には、色んな種類のプログラム言語がある、その種類とは😄❓



皆さん、こんばんは、本日は、私が、IT業界で働く為に、プログラム言語について色々勉強した中で知り得た情報について掲載させて頂きます😃

世の中には、様々なプログラム言語がありますが、プログラム言語には、色んな種類の言語があります💻

今回は、IT業界で流行りのプログラム言語には、どのような種類のプログラムがあるのか、お話しさせて頂きます。

中には、凄く似たプログラム言語もあり、一つのプログラム言語を習得すれば、他の言語の文法さえ覚えれば、使用出来るようになります😄

 

この記事を読んで頂く事で、どのような事を知る事が出来るのか❓

① 世の中に出ている、プログラム言語の種類を知る事が出来る。

② 主流なプログラム言語を知る事が出来る。

③ どの種類のプログラム言語を勉強すれば良いのか明確になる。

 

何故、上記の事を知る事が出来るのか❓

① IT業界で約五年間、働いている経験があり、プログラム言語の理解度がある。

② 現在も現役でIT業界に携わり、生の現場のプログラミング言語の知識がある。

③ 大変多くのWEBサイトを作成した経験があり、知識が豊富にある。


世の中には、どのような種類のプログラム言語があるのか😃❓

まずは、凄く需要がある組み込み系と言われる、プログラム言語💻

IT企業に就職を目指す方であれば、組み込み系プログラム言語と言う言葉を聞いた方は多いと思います。

組み込み系のプログラム言語を習得すると、凄く就職に強いです。

組み込み系のプログラムは家電製品をはじめ、通信機器や、機械等に組み込まれていますが、組み込み系で有名なプログラム言語と言えば「C」、「C++(シープラプラ)」、「JAVA(ジャバ)」等が有名です。

その中でも、役40年程前の大昔から存在する「C言語」は、凄く多くの方に人気で、多くの方に使用されています。

何故、現在もC言語は多くの方に使用されているのか❓

C言語が人気の、その理由は、アセンブラ言語と同等の処理を、簡潔にプログラムに含ませる事が出来て、コンパイル処理をしても、ファイルの大きさが莫大にならないですし、「C言語」を使用すれば、コンパイル時に自動で余分なコードを含まれない為、プログラマーの作成したプログラムの意図した通りに、プログラムを作成する事が出来る為、現在でも「C言語」が凄く人気なんです😃

コンパイルと言う、少し専門的な言葉を使用させて頂きましたが、コンパイルと言う言葉はIT業界で働く上で、非常に重要な言葉の一つなので、どう言うものなのか、ここで知っておくのも良いと思い、コンパイルと言う言葉を使用させて頂きました💻

コンパイルとは何か?

コンパイルと言う言葉を説明させて頂く前に、知っておかないとコンパイルの説明をさせて頂いても、わかりずらいと思いますので、まず、どういった仕組みでコンピュータが、プログラム言語を認識しているのか、お話しをさせて頂きます。

まず、実は、人間が普段使用しているプログラム言語は、コンピュータにとっては良くわからず、認識して貰えない場合があります。

そういった時に、コンピュータに人間が使用するプログラム言語を認識して貰うには、プログラムをコンパイラと言われる、ソフトウェアに通しコンパイルし機械語(コンピュータが認識できる言葉)に変換する必要があります。

コンパイルする事により、初めて人間の言葉を、コンピュータに認識させる事が出来ます💻

話のながらでなんとなく、「コンパイル」と言う言葉の意味が見えたと思うのですが、「コンパイル」とは、人間が使用する言葉を、機械にわかりやすく変換する処理の事を言います😃

是非、「コンパイル」と言う言葉と同時に、機械語に変換するソフトウェア「コンパイラ」と言う言葉も覚えて頂ければ、これから先、IT業界の記事を読んだ時に何の事かピンっとくると思います💻

色々お話しさせて頂きましたが、組み込み系のお仕事を目指す人は、「C言語」を学習する事をおすすめ致します。

「C言語」は初学者の方にとって少し取っつきにくいですが、努力すれば必ず習得出来ます。

「C言語」を習得すれば、世の中には「C言語」から派生しているプログラム言語が多い為、他のプログラム言語を学習する時もスムーズに習得出来る事間違いなしです。


新・明解C言語(入門編) [ 柴田望洋 ]

組み込み系プログラム言語を、紹介させて頂きましたので、次に、WEB系のプログラム言語を紹介させて頂きます。

WEB系、プログラム言語とは何か❓

WEB系、プログラム言語も、IT企業で働く中で良く耳にする、種類のプログラム言語です。

WEB系のプログラム言語では、WEBサイトや、ショッピングサイト等、主にWEB上で、動作するプログラム言語の事を言います。

WEB系のプログラムにはどのような言語があるか、気になる方は、丁度、昨日WEB系のプログラム言語の記事を掲載させて頂きましたので、下記のリンクから、読んで見て下さいね😃

WEB業界で活躍するために必要なプログラム言語とは💻

WEB系のプログラムと同時に、習得すると良い、DB言語(データベース言語)については、次回、記事で掲載させて頂きますが、簡単に説明させて頂きます。

DB言語(データベース言語)とは何か❓

DB言語(データベース言語)について、わかりやすくて説明させて頂きますと、ユーザーが、WEBサイトに訪れた際に、様々な情報を表示する際に使用したり、ログイン情報をお客様から頂き、その情報をデータベースに保存したりする際に使用します。

DB言語(データベース言語)について、有名な言語では、MySQLやORACLE DBやphp admin等があります。

DB言語(データベース言語)を学習すると、掲示板を作成したり、ショッピングサイトを作ったり、SNSを作成する事が出来ます。

他にも、プログラミング言語と合わせて、DB言語(データベース言語)を習得すると、就職にとても強くなります。

WEB業界を目指す方は、是非このDB言語(データベース言語)を習得して下さいね😃


やさしく学べるMySQL運用・管理入門 5.7対応 [ 梶山隆輔 ]

WEB系のプログラムの中には、実はフロントエンドのプログラム言語と、サーバーサイドのプログラム言語があります。

フロントサイドプログラムとは何か❓

フロントサイドプログラムとは、主に、ユーザーがWEBサイトを見た時に目に触れる部分を携わるプログラムです😄

有名なプログラム言語として、Javascript言語が有名です。

何かをクリックした時に画面が動作したり、画像が次から次へ変わったりする等、ユーザーに、WEBサイトを操作して貰う感覚を与えるプログラムです。

凄いサイトで、あればJavascript言語を至る所にされ、ユーザーを飽きさせない様にする等、凄く工夫されている、WEBサイトを良く目にする事があります😀

サーバーサイドプログラムとは何か❓

サーバーサイドプログラムとは、主に、ユーザーがショッピングサイト等に訪れた際に、個人情報を入力して頂いた、データをDB(データベース)に登録したりする、役割を持っています。

サーバーサイドで有名なプログラムは、JAVA言語やC言語等です💻

ショッピングサイトや、ログイン情報を使用したい場合は、サーバーサイドのプログラム言語も、是非習得して見てくださいね😄

 

WEB業界で働く方のほどんどの方は、フロントエンドとサーバーサイド、どちらも携わる事があります。

WEB業界を目指す方は、是非、フロントエンドのプログラム言語と、サーバーサイドのプログラム言語を、両方学習し習得して下さいね😄

 

本日は、プログラム言語の種類について、紹介させて頂きました。

目指す、方向性によって、学ぶプログラム言語は違いますが、努力し、プログラム言語を習得すれば、就職の需要が高まりますので、是非、プログラム言語をマスターしてみてくださいね💻


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*